« 保育園作品展 | メイン | 太鼓鉢ゲット!! »

加賀藩前田家上屋敷御守殿門

110%20005.jpg110%20006.jpg

加賀藩前田家上屋敷御守殿門(東大赤門)は、東京都文京区にあり、1827年、13代加賀藩主前田斉泰に11代将軍家斉の娘、溶姫が嫁入りした際に建てられました。
(三位以上の大名が将軍家から妻を迎える際、朱塗りの門を建てる習慣があった為、姫が暮らす御守殿(御主殿)前に建てられました。)
また、この朱塗りの門は、消失などの後、再建を許されなかった為、当時の原形を留める唯一の門として国の重文に指定されています。
御守門は切妻造りの薬医門で左右に唐破風の番所が付いており、とても優美で加賀藩の権威の高さが窺えました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/179

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年02月09日 18:08に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「保育園作品展」です。

次の投稿は「太鼓鉢ゲット!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36