« 三渓園盆栽展 | メイン | 去年の6月七夕飾り »

偕楽園

114%20056.jpg114%20052.jpg
114%20030.jpg114%20029.jpg
偕楽園は、茨城県水戸市にあり、1842年水戸藩九代藩主、徳川斉昭によって造園されました。
また、岡山の後楽園・金沢の兼六園と共に日本三名園として知られています。
偕楽園は、梅園として特に名高く100種3000本の梅の木があり毎年春には沢山の観光客で賑わいます。
表門を入ってすぐの孟宗竹の竹林、杉林等の群生している様も梅とは違う趣で楽しめました。
西部には明治に修造された池泉庭があり吐玉泉と呼ばれる寒水石の井筒に清水がこんこんと湧きでていました。そしてなんと言っても好文亭の上から見る園の植栽と千波湖の眺めがとてもきれいでした。
(偕楽園は無料で驚きました~。水戸の人は羨ましいです。)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年02月12日 11:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「三渓園盆栽展」です。

次の投稿は「去年の6月七夕飾り」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36