« レトロ列車に | メイン | 神部神社のお祭り »

川越時の鐘

123456789%20026.jpg123456789%20027.jpg

川越時の鐘は、埼玉県川越市にあり、1624~1644年の間に、川越城主、酒井忠勝が、江戸に習い、時を告げるシンボルとして創建したのが、始まりとされています。
現在の鐘楼は1893年の川越大火の翌年に再建されたもので、市の文化財に指定されています。
3層構造の鐘楼は、高さ16メートルで、現在でも一日4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)時を知らせています。
また、付近には、多数の蔵造りの商家が建ち並んでいて、とてもいい風情でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/285

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年04月05日 17:57に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「レトロ列車に」です。

次の投稿は「神部神社のお祭り」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36