« 2009年04月 | メイン | 2009年06月 »

2009年05月 アーカイブ

2009年05月01日

臥龍桜

171%20010.jpg171%20016.jpg

171%20014.jpg171%20013.jpg

臥龍桜は、岐阜県高山市宮村にある、大幢寺の境内にあり、幹枝の形が龍の寝そべっている姿に似ていることから臥龍桜と呼ばれています。
桜は、江戸彼岸の樹齢約1100年になる老木で、国の天然記念物に指定されており、大きさは、樹高20m、目通り7.3m、枝張り、東西20m、南北30mあり、斜面一杯に広げた枝に咲く花は大迫力で、横長の形が印象的でした。

5月1日コーディネート

177%20001.jpg177%20002.jpg


177%20003.jpg177%20004.jpg


177%20005.jpg177%20006.jpg


177%20007.jpg177%20008.jpg

177%20009.jpg177%20010.jpg

2009年05月02日

膝立の天王桜

170%20013.jpg170%20015.jpg

膝立の天王桜は、山梨県山梨市牧丘町牧平にある、対馬神社前の川端に立っており、膝立集落の人は、この神社を「天王さん」と呼ぶことから、天王桜と呼ばれ、県の天然記念物に指定されています。
桜は、江戸彼岸で樹齢約500年、大きさは、樹高14.7m、根廻り7.2m、目通り3.9m、枝張り、東西23.3m、南北19.7mあり、断崖にある為凄い迫力の眺望で、すぐ下の川に架かった、木の橋からの眺めが印象的でした。

2009年05月03日

神田の大糸桜

168%20010.jpg168%20006.jpg

神田の大糸桜は、山梨県北杜市小淵沢町松向にあり、代々幕史を勤めた小松氏が広野神社を創設し、その供米産田を神田と称し、ご神木として植えた桜が、今日の神田の大糸桜と呼ばれ、県の天然記念物に指定されています。
桜は、江戸彼岸の変種で、樹齢400年、大きさは、樹高9m、根廻り8m、目通り7.5m、枝張り、東西、南北共に20mあり、高さはありませんが、幹途中から3本に分かれ、それぞれ枝を伸ばし、沢山の花をつけた姿は、樹形もよくとてもいい眺めで、南アルプスや中央線の列車を借景にして、いい景観でした。

2009年05月04日

水戸城

114%20003.jpg114%20007.jpg

114%20023.jpg114%20013.jpg

水戸城は、(常陸国)現茨城県水戸市に、1190~1198年に、馬場氏によって築城されたのが始まりとされ、当時は、馬場城と呼ばれていました。
1590年、秀吉より常陸一国(54万石)で入封した、佐竹義重・義宣、親子により、改修整備され名称も水戸城と改められました。
1602年、佐竹氏は出羽に移封、替わって家康の五男、武田信吉が15万石で入封しましたが翌年没し、十男の徳川頼宣が20万石で入封しました。
1609年、頼宣は、駿河に移封し、十一男の徳川頼房が25万石で入封し、以降明治まで、徳川御三家、水戸家として明治まで存続しました。
城は、連郭式の平山城で天守は無く、三重五階の御三階櫓が、天守代用としてあり、土塁と空堀を中心とした、政庁中心の城でした。
現在、県立水戸一高に移築された薬医門、三の丸に藩校の弘道館が現存し国の重文に指定されており、藩校としては日本最大で当時の学問に対する重要性が窺えました。
また、三の丸付近にあった、大きな椎の木が印象的でした。

2009年05月05日

土浦城

140%20019.jpg140%20017.jpg

140%20021.jpg140%20023.jpg

土浦城は、(常陸国)現茨城県土浦市に、1429~1441年に小田氏の家臣、今泉三郎によって整備され、1590年家康の関東移封に伴い、二男、結城秀康の所領となりました。
関ヶ原後、秀康は越前に移封し、以後、松平(藤井)氏3万5千石・西尾氏2万石・朽木氏3万石・土屋氏4万5千石・松平(大河内)氏2万2千石と譜代大名が入れ替わり、1687年、土屋氏が6万5千石で再封され明治まで在城しました。
城は、桜川や境川、霞ヶ浦の水を利用し、五重の堀を巡らした堅固なもので、その姿が水に浮かぶ亀に似ていることから亀城とも呼ばれています。
現在、本丸、二の丸の一部が亀城公園として整備されており、1556年建築の太鼓門櫓が現存(関東唯一の楼門形式の櫓門)・高麗門・霞門も移築され、近年西櫓・東櫓も復元され、江戸時代の姿を取り戻しており、それぞれ見所でした。

子供の日

♪屋根より高い鯉のぼり~♪
今日は5月5日の子供の日!!!
あいにくの雨で残念ですが・・・・・・・・・・
お隣の清水和菓子店で柏餅GET↑↑

178%20001.jpg

おいしそう~~~~~~~~~~

178%20002.jpg

早川製菓の柏餅はお米が美味しいから、お餅も軟らかくてあんこも程よい
甘さで本当に美味しい★★

178%20003.jpg

粒アンが最高↑↑↑
お餅好きなら2つは軽く食べれちゃう。
ご馳走様でした。

2009年05月06日

佐倉城

117%20038.jpg117%20039.jpg

117%20044.jpg117%20046.jpg

佐倉城は、(下総国)現千葉県佐倉市に、1610年、土井利勝が3万2千石で入封し、下総の豪族、千葉氏の未完の城、鹿島城跡を利用して7年の歳月をかけて築城されました。
その後、江戸東北防衛の要として重要視された為、城主はめまぐるしく替わり、その数は12諸侯にもなり、その多くが老中職に就いていたことから俗に老中の城とも呼ばれ、1746年、堀田氏が10万石で入封して明治まで在城しました。
城は、北に印旛沼や利根川があり、他の三方向も低湿地帯という自然の要害を持ち、更に大規模な塁濠を配した堅城で、本丸には、3重4階の天守に2基の櫓があり、その1つ、銅櫓は、家康より拝領し、江戸城から移築したものと伝えられています。
見所は、椎木曲輪にある、大きな角馬出で深さ規模共に見応えがあり、他にも、天守台、銅櫓跡の土居や本丸北側と南側にある、出丸と水堀も良く残っており、旧状を偲ぶことが出来ました。

大島 慧君

早速GETしてくれた、くまちゃんリュックを背負って、、、「はいっ!!ポーズ」

178%20004.jpg


雨が降っていたのでタオルを被った姿が可愛い慧君。

178%20005.jpg


つよしさん・ちえこさん、ありがとうございました!!!

また帰って来たら、聡君・慧君遊びましょ★★

2009年05月07日

高岡城

172%20025.jpg172%20029.jpg

172%20028.jpg172%20027.jpg

高岡城は、(越中国)現富山県高岡市に、1609年、加賀二代藩主、前田利長が隠居城としていた富山城が、大火で焼失した為、当時前田家に客将としていた、築城の名手、高山右近の縄張りによって、庄川と小矢部川の扇状地にある丘陵に築かれました。
その後、利長は避難していた魚津城から高岡に隠居領16万石で入場し、城下町も整備し、6年後の1614年に没し、城は翌年の一国一城令によって未完成のまま廃城になりましたが、高岡町奉行所の管理下で米蔵などの備蓄庫として使用され、曲輪や濠などは残され、軍事的要素も秘めていました。
現在、城址には、5つの曲輪や伏流水を利用した城域の3割を占める水濠が巡らされており、本丸と二の丸の間の土橋には、打込ハギの乱積みの石垣も良好に残っており、見所で、本丸が広大なのも印象的でした。

2009年05月08日

ジミー大西 『桜吹雪』

桜もすっかり、新芽になんとなく寂しいですが・・・

我が家には1年中桜の花が咲いています。

158%20042.jpg


かれこれ7年位前になるかな??

北野武さんのように、お笑いのイメージが強く監督として

罵声を浴びることが多かったので、ジミーちゃんは故岡本太郎さんから才能を

認めていただいて、芸能界を引退して画家の道に進んだそうです。

ジミーちゃんのデビュー作で動物などの絵が多い中、

地元大阪の絵は珍しい1枚と聞き、凄く悩んだ挙句購入を決意しました。

158%20043.jpg


大阪城&造幣局

本物の大阪城を見た時は、感動しました。

158%20044.jpg


額の部分までが絵の一部だそうです。
色とりどりで細かい部分まで色の出し方が違いとっても癒されて、
購入して良かったと今では思っています。


子供達の脳裏にも知らず知らずに焼きついているのでは
ないかな~と思っています。


富山城

172%20053.jpg172%20056.jpg

172%20057.jpg172%20061.jpg
富山城は、(越中国)現富山県富山市に、1543年、越中守護代神保長職によって築城されました。
1581年、佐々成政が越中半国38万石で入城し、上杉氏に備える為、大規模な改修を加えましたが、1585年、成政は、本能寺後、不仲になっていた秀吉に攻められて降伏し、替わって前田利長が32万石で入城し改修しました。
1609年、富山城は大火で焼失、利長は高岡に居城を移した為、城は荒廃しました。
1639年、加賀藩三代藩主、前田利常は、次男利次に10万石を分封し、富山藩が成立し、荒廃した城を整備し、以降、富山前田家十三代の居城として明治まで至りました。
現在城址には、昭和29年の富山産業大博覧会の時に建てられた、戦後初の3層4階の模擬天守が建ち、国の登録有形文化財に指定されています。
また、1849年建築の千歳御門が城内に再移築されており、石垣や濠と共に見所でした。

2009年05月09日

大井俣窪八幡神社

charm%20weblo%20159%20017.jpgcharm%20weblo%20159%20004.jpg
charm%20weblog%2049%20013.jpgcharm%20weblog%2049%20014.jpg

大井俣窪八幡神社は、山梨県山梨市にあり、859年に清和天皇の勅願により宇佐八幡を勧請して以来一千年を越す歴史を有し、御祭神は、中殿に応神天皇、北殿に仲哀天皇、南殿に神功皇后が祀られています。
また、本殿 ・拝殿附鰐口・摂社若宮八幡神社本殿・摂社若宮八幡神社拝殿・末社高良神社本殿・末社武内大神本殿・末社比咩三神本殿・ 神門附石橋・鳥居の9棟が国の重文に指定されており、重文の宝庫ともいえます。
見所は、1540年建立で、日本最古の木造鳥居と1542年建立の神門(四脚門・切妻造・檜皮葺)更に本殿、拝殿などで、本殿は、1519年の建立と伝わり、形式は十一間社流造・檜皮葺で、三間社流造の三社が間に1間をおき、それぞれ横に連結して11間の形となる物で、拝殿は、桁行11間、梁間3間、切妻造、檜皮葺きで、右手にある、県文の鐘楼と共に、とてもいい趣でした。



2009年05月10日

市川陣屋

177%20025.jpg177%20024.jpg

177%20030.jpg177%20021.jpg

市川陣屋は、山梨県市川三郷町にあり、河内領を支配するため1765年に駿府の出張陣屋として設置された代官所で、1795年以降は本陣屋として機能し、当時は代官の居間などもある堂々とした建物でしたが、現在は陣屋門のみとなっており、門内側の松の大木がいい雰囲気を出していました。
また、近くの歌舞伎文化公園には、天守閣を模した立派な建物や、信玄の異母兄弟、一条信竜が築いた上野塁城跡が残っておりこちらも見所でした。

春の合コンパーティー

春のイベントとして第2回合コンパーティーを開催しました。

場所は前回と同じく石和駅から車で3分ほどの

『焼肉 まつ屋』

P1010025.jpgP1010029.jpg

(合コンのメニューではありません)

お肉がメチャクチャ美味しい!!

合コンの様子・・・

P1010042.jpgP1010044.jpg
P1010045.jpgP1010047.jpg


結構盛り上がっていました!!
いい出会いになったみたいです。


解散後はカラオケなどここに楽しめたようです。

だいち&そらは常連さんの土屋さんに抱っこされて上機嫌↑↑↑

P1010062.jpg


2009年05月11日

旧尾県学校校舎

166%20017.jpg166%20016.jpg

166%20021.jpg166%20015.jpg
旧尾県学校校舎は、山梨県都留市にあり、1878年の建築で、藤村式建築と呼ばれる、擬洋風建築様式を今に伝える貴重なもので、県指定文化財に登録されています。
印象的なのは、三階部分の、望楼と各階の窓枠で、ノスタルジックないい趣でした。
また、隣接する、稲村神社には、市指定天然記念物のエノキの巨木があり、大きさは、樹高27m、根廻り8.8m、目通り3.8m、枝張り、東西25m、南北24mと大きく、朱に塗られた本殿と共にこちらも見所でした。

5月11日のコーディネート

177%20013.jpg177%20014.jpg

177%20016.jpg177%20012.jpg

177%20015.jpg177%20017.jpg


2009年05月12日

龍泉寺の万年マツ

160%20020.jpg160%20019.jpg

龍泉寺の万年マツは、山梨県山梨市市川にある、龍泉寺の境内にあり、県の天然記念物に指定されています。
マツは、黒松の大木で、樹齢225年、大きさは、樹高6.25m、根廻り3.75m、目通り2.65m、枝張り、東西20m、南北9.5mあり、西に伸びた一の枝の枝振りが長く印象的で、一部、葉枯れをおこしていましたが、樹幹部から枝元まで沢山の芽があり、樹勢はとても盛んでした。

あれっ??黒い金魚?!

4月5日から我が家に来た金魚。
1匹共食いにあい死んでしまい・・・
只今8匹!!

元気に過ごしてますが、ちょっと前から尾っぽが黒くなってきて
日々黒くなる金魚にビックリ!!!!!!!!!!!!!!!!

090512_2226~0001-0001.jpg090512_2228~0001-0001.jpg

090512_2229~0001-0002.jpg090512_2230~0001-0001.jpg

全部真っ黒になるのか??
お楽しみに★★


2009年05月13日

北口本宮富士浅間神社の大杉

charm450.jpgcharm6.jpg

北口本宮富士浅間神社の大杉は、山梨県富士吉田市にある、北口本宮富士浅間神社の境内にあり、
本殿前の両脇に2本立っており、県の天然記念物に指定されています。
杉は、富士太郎杉とも呼ばれ、樹齢約1000年、大きいほうは、樹高45m、根廻り23.6m、目通り9.7m、小さいほうは、樹高30m、根廻り21m、目通り8.2m枝張り、東西12.8m、南北14.7mあり、まさに巨木で、御神木にふさわしく、社殿全体を包み込む堂々とした名木でした。
また、浅間神社は、788年創建され、主祭神に木花開耶姫命を祀り、1615年谷村藩主鳥居氏によって再建されたされた本殿、1561年信玄によって再建された東宮本殿、1594年建立の西宮本殿の三棟が国の重文に指定されており、朱に塗られた、一間社流造で桃山様式の優美な造りで、こちらも見所でした。

2009年05月14日

佐倉武家屋敷

117%20032.jpg117%20031.jpg

117%20027.jpg117%20021.jpg

佐倉武家屋敷は、千葉県佐倉市にあり、旧河原家住宅(県指定有形文化財)・旧但馬家住宅(市指定有形文化財)・旧武居家住宅の3棟が修理・移築整備されています。
3棟の武家屋敷は、それそれ、石高が異なるため、造りもそれぞれ違い、当時の武家階級の違いや生活ぶりを偲ぶことが出来ます。(旧河原家350石・旧但馬家150石・旧武居家90石)
また、それぞれの屋敷は、土塁と生垣によって区分けされており、それぞれの屋敷に、菜園があるのが印象的でした。

母の日の贈り物

遅くなってしまいましたが、保育園から母の日にくれたプレゼントです。
だいちはさすがの出来栄え!!!
だいちらしくてママは好き♪♪

185%20004.jpg185%20005.jpg
185%20009.jpg185%20007.jpg

底まで書くのがだいち画伯だわ♪
割れちゃうから、大事に取って置こう。

そしてそらは

185%20001.jpg185%20003.jpg
185%20002.jpg

そらはカワイイ♪
母子手帳入れにしっと★

だいちは保育園からの最後の母の日で、なんか寂しいな・・・

2009年05月15日

5月15日コーディネート

チェックシャツ×プリーツスカート

180%20001.jpg

Tシャツ×topic luxeベスト×ティアードスカート

180%20002.jpg

SABUROKUチュニック×toppic luxeパンツ

180%20003.jpg

SABUROKUボーダードルマンスリーブカットソー×デニムショートパンツ

180%20006.jpg

Tシャツ×ダルメシアンシフォンティアードワンピース(右)
ホルターキャミソール×カーディガン×ショートパンツ(左)

180%20004.jpg

ポロシャツ×デニムミニスカート

180%20007.jpg

SABUROKUカーディガン×bianca mariaワンピース×帽子

180%20037.jpg

シャツ×スカート

180%20036.jpg

Tシャツ×チェック柄シフォンワンピース

180%20008.jpg


キッズ:F.O.KIDSドクロ柄Tシャツ×F.O.KIDSカーゴパンツ(右)×Bit'zケンケンコラボシューズ
Bit'zTシャツ×Bit'zパンツ付きスカート(左)×Bit'zケンケンコラボショーズ

180%20005.jpg

旧荒川家住宅

172%20001.jpg172%20002.jpg

172%20004.jpg172%20003.jpg

旧荒川家住宅は、岐阜県高山市にあり、元禄時代から続く庄屋の旧家で、1796年建築の主屋と1747年建築の土蔵が国の重要文化財に指定されています。
主屋は、切妻造、石置板葺きで、大きさは、桁行21.5m、梁間14.7m、あり、2階建てですが、平屋の長い感じで、板葺きの長い屋根が印象的で、土蔵も、切妻造、石置板葺きで、大きさは、桁行5.5m、梁間3.9mで、こちらもいい趣でした。

2009年05月16日

五箇山相倉合掌集落

123456789%20185.jpg123456789%20186.jpg

五箇山相倉合掌集落は、富山県南砺市にあり、現在合掌造りの建物が、民家、寺、道場、小屋を合わせて24棟あり、そのうち11棟の民家は現在も生活を営んでいます。
また、ユネスコの世界文化遺産に登録されており、白川郷の萩町集落・同じ五箇山の菅沼集落と共に重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。
個人的には、中学の時に合唱コンクールで歌った、民謡、麦やのもんや爺さんのイメージが強くあります。
見所は、奇跡的に残る古きよき田園風景と建物群で、豪雪地帯のため、急勾配になった切妻屋根、壁面には土壁は使われず柱と柱の間は板壁を落とし板にしてはめ込んだ板壁が珍しく、段丘に造らた、水田・畑・石垣と共にとてもいい風情で見所でした。

ダイニング 膳へ

お店からも徒歩でも3分ほどにある、パパの知り合いで先輩の

090516_2047~0002.jpg

チョット隠れ家的な感じかまたいいよ~~~~★

だいちとそらも上機嫌

090516_2048~0001.jpg

料理も

090516_2058~0002.jpg

だいちの大好物のサーモンちゃん♪

そして

090516_2050~0001.jpg

シーザーサラダのドレッシングが美味しい↑↑↑


和洋折衷あって年配のお口にもgood!!

沢山食べてしまった・・・

エッ?!写真がないよって

料理は行って食べてみてからのお楽しみに★

オススメはアボカドと小エビのカクテル・天丼・和風パスタ

ごとそうさまでした。

2009年05月17日

白川郷萩町合掌集落

172%20021.jpg172%20016.jpg

172%20011.jpg172%20018.jpg

白川郷萩町合掌集落は、岐阜県白川村にあり、114棟の建物と、水田・畑が、五箇山の相倉・菅沼集落と共に、ユネスコの世界遺産に登録されています。
印象的だったのは、集落最大の建物である、明善寺庫裏で木造5階建、切妻造、茅葺きで、大きさは、桁行22.1m、梁間12.1mあり、凄い存在感で、内部の柱や梁は丸太のまま使われており、当時の棟梁の匠の技に感心しました。
また、庫裏と共に重文に指定されている、鐘楼門(山門)は、1801年建立で寄棟造・茅葺きになっており、側らにある、一位の木・桜の木・本堂と共にとてもいい趣でした。

2009年05月18日

北国街道海野宿

169%20006.jpg169%20005.jpg

北国街道海野宿は、長野県東御市にあり、1625年に幕府によって北国街道の宿場として開設されました。
中山道と北陸道を結び、北陸諸大名の参勤や佐渡の金の輸送、善光寺参りなどに使われ、本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠23軒、伝馬屋敷59軒を連ねる、大変賑わった宿場でした。
現在、宿場の町並みは、重要伝統的建造物群保存地区に指定されており、出桁造りの旅籠屋や、色々な形の卯建が付いた建物、格子戸の町並みが軒を連ねており、当時の姿を偲ぶことができ、とてもいい風情でした。

2009年05月19日

光明保育園遠足で多摩テックへ

5月21日。
去年本当は行く予定だったのに、雨で中止・・・
今年は天気も曇ってはいましたが、暑すぎずいい感じの陽気。
バスにて多摩テックへ

184%20051.jpg

多摩テックのキャラクターみんなむらがっていました。
ちょっと中の人お気の毒。。。

184%20053.jpg

早速、沢山乗り物に

184%20061.jpg184%20063.jpg
184%20065.jpg184%20069.jpg
184%20074.jpg184%20073.jpg

子供にはちょうどいい感じの乗り物が本当に
喜んでいました★★

自分で運転できる感じの乗り物もあり、だいちは
楽しんでいました。

そらはなんか暑くて熱がありました・・・
でも楽しいみたいで、乗り物に乗りたくて怒っていました。

そして、こんなカードを作りました。

090521_1730~0001-0001.jpg090521_1730~0002-0001.jpg

いい思い出に!!

そんな、多摩テックも9月30日で終わりなので残念・・・
きっと2人にも焼きついてることでしょう。


旧岩崎邸

184%20101.jpg123456789%20002.jpg
184%20100.jpg184%20102.jpg

旧岩崎邸は、東京都台東区にあり、1896年に三菱財閥三代目・岩崎久弥の本邸として、建築家、ジョサイア・コンドルの設計によって建てられました。
現在、17世紀のジャコビアン様式を基調とし、ルネサンスやイスラム様式を取り入れた洋館・ゴシック様式の撞球室(ビリヤード場)、大河喜十郎設計の和館の3棟が現存しており、重文に指定されています。
印象的だったのは、洋館の重厚な彫刻の柱や和紙の壁、テラスのタイルなどで、和館の畳や飾り棚、庭の灯篭など和洋折衷建築のそれぞれの風情が楽しめました。
また、庭園は、洋風の広大な芝庭と和風の庭石・灯篭・築山などを配した和洋併置式の庭園でこちらも見所でした。

2009年05月20日

旧函館区公会堂

169%20284.jpg169%20285.jpg

旧函館区公会堂は、北海道函館市にあり、区民と豪商相馬哲平の寄附により、1910年に函館区技師小西朝次郎の設計で、棟梁、村木甚三郎により建てられました。
公会堂は、国の重要文化財に登録されており、本館と附属棟から構成され、木造2階建ての擬洋風建築で屋根は桟瓦葺寄棟造で特徴的な屋根窓がつき、外観は、黄色と青色のコントラストに大きいバルコニーがあり、ここからの函館港の眺めは最高でした。
また、ドレスの貸衣装があり、ノスタルジックな雰囲気に浸れ、とても楽しめました。

2009年05月21日

北海道庁旧本庁舎

169%20276.jpg169%20277.jpg

北海道庁旧本庁舎は、北海道札幌市中央区にあり、1888年にアメリカ風のネオ・バロック様式で建てられ、赤れんがの愛称で親しまれています。
庁舎は、地上2階地下1階、煉瓦造 、ストレート葺きで国の重文に指定されており、屋上には直径7.27mの八角塔があり、堂々とした西洋の城を思わすような建築でした。
また、内部には、開拓や北方領土の資料が展示しており、蝦夷地開拓の歴史が学べて楽しめました。

去年の6月のママクラブ

一の宮にある『金川の森』へ行きました。
みんなで鯉のえさやり。

25974851%20001.jpg

暑いのでアイスを食べました。

25974851%20005.jpg

可愛いねっ。

室内の積み木であそびました。

25974851%20006.jpg25974851%20009.jpg

本を読んでるお友達もいました。

25974851%20010.jpg25974851%20012.jpg


そしてお腹も空いてきたのでみんなでランチ!!

25974851%20014.jpg

懐かしい思い出です。
みんな1年前の様子で大分成長したね~~~~~★★


2009年05月22日

キティーちゃんおむすび

一緒に作りました。

キティーちゃんの容器にふりかけご飯をつめました。

090514_1941~0001.jpg

そして”ギュギュ”と押します。

ジャーーーーーーーン!!!!!

090514_2001~0001.jpg090514_2001~0002.jpg


そこにノリで切ったヒゲ・鼻・チーズのリボンをトッピング♪♪

090514_2005~0001.jpg

完成!!

090514_1940~0001.jpg090514_1940~0002.jpg


メチャクチャ美味しいようで、だいちとそらはまたまた、おかわりして
2つ目も間食してしまいました。


090514_1940~0003.jpg


また遊びながら、クッキングしちゃオー★★★

日本銀行旧小樽支店

169%20270.jpg169%20268.jpg

169%20267.jpg169%20265.jpg

日本銀行旧小樽支店は、北海道小樽市にあり、1912年に東京駅の設計を手がけた辰野金吾や長野宇平治らの設計により建てられ現在、市の文化財に指定されています。
建物は、ルネサンス様式の二階建てで、外観は、煉瓦の上にモルタルを塗った造りになっており、銅板葺きの屋根とともに重厚な印象で見応えがありました。
また、当時小樽は、北のウォール街と呼ばれ商業を中心に栄え、銀行・郵船・倉庫が現在も残っており、特に運河が印象的で「埋立て式運河」と呼ばれ、海岸を埋め立てて造られたもので、こちらも見ごたえがあり、いい風情でした。

2009年05月23日

旭川雪の美術館

169%20213.jpg169%20212.jpg

旭川雪の美術館は、北海道旭川市にある北海道伝統美術工芸村にあり、大雪山系の氷の結晶をテーマにした美術館で音楽堂なども兼ね備えており、結婚式場としても使用できます。
外観は優美なヴィザンチン建築様式を随所に取り入れた中世ヨーロッパの城を彷彿とさせ、内部は、綺麗な螺旋階段や氷の回廊があり、特に良かったのが氷の結晶のステンドグラスで、自然の芸術にとても和めました。

5月23日コーディネート

SABUROKUカットソー×topic luxeショートパンツ×キャミソール

090417_1707~0001.jpg

SABUROKU半袖シャツ×キャミ×デニムミニスカート×ネックレス

090417_1711~0001.jpg

bianca mariaTシャツ×bianca mariaノースリーブチュニック×URAN NOWデニムショートパンツ×ストール

090417_1709~0002.jpg

半袖Tシャツ×チェック柄サロペット×お花ねネックレス

090417_1708~0003.jpg


bianca mariaかぎ針カーディガン×シフォンワンピース×レギンス×麦わら帽子

090417_1708~0002.jpg

Tシャツ×デニムベスト×ロングスカート×ベルト×ネックレス

170%20001.jpg


2009年05月24日

神戸北野異人館

169%20190.jpg169%20191.jpg

169%20188.jpg169%20189.jpg

神戸北野異人館は、兵庫県神戸市にあり、南向きの日当たりのいい海を見渡せる高台に、地代も安かった為、沢山の外国人が住居を構え、全盛期には、200件を超える洋館が建っていましたが、老朽・災害などで減り、現在、うろこの家・風見鶏の館(重文)・萌黄の館(重文)・山手八番館・英国・仏蘭西・オランダ館・ベンの家など、約30軒のレトロで瀟洒な洋館が立並び 異国情緒を醸し出しています。
お気に入りは、うろこの家(登録文化財)で神戸で最初に公開された異人館で、外国人向けの高級借家として建てられ、外壁が魚のうろこに見えることから、愛称でうろこの家と呼ばれており、西洋風の庭、置物、洋館内からの神戸港の景色など見どころ満載でした。

織田家のお土産

織田さんのお土産です。

189%20002.jpg

字の部分をよく見ると・・・

189%20003.jpg

鈴鹿サーキットの文字!!!!!!

遊びではなく、お仕事でもお土産なんて、ス・テ・キ♪♪

189%20001.jpg


中は車の形などのクッキーです★

美味しく頂きました。

ありがとうございました。

2009年05月25日

5月20日生まれ

パパの妹の敏美ちゃんが3人目ベビーを誕生しました!!

5月20日生まれの3100gの女の子です。

090524_1740~0001.jpg

さすがの3人目で陣痛から3時間で無事出産。。。
お腹の中の時は”男の子2と言われて、
エコーではしっかりチンチンが見えた様子、、、
生まれてみると「あれ?!女の子?!」


それよりも、健康な子で良かった!


かわいいね★

名前は”香織”と書いて”かおる”と読みます。
かおるちゃん一緒に遊ぼうね♪♪

090524_1741~0001.jpg


スヤスヤ気持ちよさそう・・・・・

長崎東山手・南山手洋館群

169%20059.jpg169%20093.jpg

169%20091.jpg169%20092.jpg

長崎東山手・南山手洋館群は、長崎県長崎市にあり、小高い丘の傾斜地に異国情緒たっぷり石畳の道や石垣、石溝など旧居留地の洋館の町並みが広がっています。
洋館は、屋根は桟瓦葺き、マントルピースの煙突、外壁は下見板張りのペンキ塗りが多く、海の方向に開放的なベランダを付けた家が多く印象的で、とにかく坂が多く歩き疲れました。
オススメは、狭小地に建つ7棟の東山手洋館群と広い丘に建つ旧グラバー邸で、洋館群は外国人にはやや狭そうでしたが、和洋折衷な建物など見所満載で、グラバー邸は、整備された庭に沢山の花が植えられており、長崎港の景色や、洋館の景色がゆったりとした時間の中、とても和めました。

2009年05月26日

5月26日コーディネート

SABUROKUかぎ針チュニック×タンク×bianca mariaティアードスカート

SN3E0098.jpg


URBAN NOW楕円形ワンピース×topic luxeカーディガン×ペチコート

SN3E0102.jpg


bianca mariaスエット地ワンピース×URBAN NOWデニムベスト

SN3E0101.jpg

URBAN NOW楕円形半袖ワンピース

SN3E0112.jpg

URBAN NOWドット柄ワンピース×ロングカーディガン

SN3E0113.jpg

ロンT×ストール付きチェック柄ワンピース

SN3E0111.jpg

SABUROKU・JK×ロンT×topic luxeショートパンツ

SN3E0103.jpg


大浦・浦上天主堂

123456789%20165.jpg169%20060.jpg

大浦・浦上天主堂は、長崎県長崎市にあり、共にキリスト教(カトリック)の教会で鎖国解除後に建てられた物で、戦災にあいましたが、現在は、修理復元され観光名所になっています。
大浦天主堂は、1864年にフランス人宣教師による設計で天草の大工によって建てられた、ゴシック風の建築で、洋風建築としては、唯一の国宝に指定されています。
見所は、色とりどりのステンドガラスや木造の建物に机・椅子で、それぞれ使い込まれてなんともいえない色になっており、素朴な外観とのギャップも見所でした。
浦上天主堂は、1895年から20年の歳月をかけて建てられましたが、原爆により破壊され、現在の建物は、1959年に再建されたもので、実に堂々とした重厚な建物で、煉瓦造りの外壁や、被爆したマリア像などを見ていると、爆弾の威力のすさまじさが感じられ、考え深いものがありました。

2009年05月27日

福岡市赤煉瓦文化館

169%20111.jpg169%20112.jpg

福岡市赤煉瓦文化館 は、福岡県福岡市中央区にあり、東京駅の設計をしたことで知られる、建築家、辰野金吾による設計で明治42年に竣工しました。
洋館は日本生命九州支店や文学館として長年使用されたもので、 重厚な煉瓦造2階建てで、マンサード屋根の銅板葺になっており、内部の螺旋階段やシャンデリアなどの備品も見応えがありました。
また、明治時代の代表的な西洋建築として国の重要文化財に指定されており、2009年2月に誕生100周年を迎え、周りの高いビルと、福岡の今昔を垣間見る事ができました。

2009年05月28日

変なだいち・・・

朝から着替えながら

090425_1035~0001.jpg

何やってんだか。

笑えるだいちでした。。。

トラピスチヌ修道院

169%20201.jpg169%20202.jpg

トラピスチヌ修道院は、北海道函館市にあり、1898年にフランスから来た8人の修道女によって創立された、日本初の女子修道院になり、現在も70名ほどの修道女が生活しています。
洋館は、火災後、1927年に再建されたもので、煉瓦造りの大きいもので、ものすごい存在感で、中は入れませんでしたが、庭からの眺めや、聖テレシア像・聖母マリア像・聖ミカエル像・ジャンヌダルク像の彫刻があり、それぞれ見所でした。

お絵かきタイム

お絵かきしました。

そらは”アンパンマン”らしい。。。

090528_1959~0001.jpg

アンパンマンに髭が生えた・・・

090528_2003~0001.jpg

だいちは”ポケモン”

090528_2000~0001.jpg


だいちワールド炸裂!!

090528_2016~0001.jpg

みんな同じ顔だけど、色と特徴を捕らえているからいいカッ。

090528_2017~0001.jpg

大分上手になりました。
色とりどりで綺麗だね★

2009年05月29日

札幌時計台

169%20272.jpg169%20271.jpg

札幌時計台は、北海道札幌市中央区にあり、1878年に札幌農学校の演武場として、クラーク博士の後を継いだ、ウィリアム・ホイーラーによる設計で建設され、当時は鐘楼だけで時計はありませんでしたが、1881年に鐘楼塔部分に大時計が設置されました。
建物は、当時アメリカで流行っていた、バルーンフレーム構造による、木造2階建(時計塔部分は5階建構造)で、白く塗られた外壁に、やはり棟上部の時計が印象的で、内部の4人掛けの木製の椅子が並ぶ様子や時計の構造部も見応えがありました。
また、時計は、ボストンのハワード社製で、4面あり、表示板の直径は1.6mもあります。

5月30日コーディネート

JK×topic luxeアクセサリー×topic luxeTシャツ×ベルト×デニムSK(右)

topic luxeホルターTシャツ×topic luxeパンツ×ベルト(左)

184%20090.jpg

topic luxeストール付きベスト×topic luxeフラッグTシャツ×topic luxeパンツ

184%20091.jpg

SABUROKUカットソー×URBAN NOWデニムパンツ×bianca mariaチュニック×ハット×odemari*ネックレス

184%20094.jpg

F.O.KIDSリバーシブルタンク×F.O.KIDSカーゴパンツ(右)
F.O.KIDSデニムワンピース×F.O.KIDSキャミソール(中)
F.O.KIDSホルターTシャツ×Bit'zデミムパンツ(左)

184%20097.jpg


F.O.KIDSドクロTシャツ×F.O.KIDSマリンパンツ

184%20098.jpg


Tシャツ×スカート×麦わら帽子

184%20095.jpg


charmチェック柄ワンピース×topic luxeラメ入りパーカー×ハット

184%20092.jpg

bianca mariaボーダーパーカー×サロペット×ネックレス

184%20093.jpg


キャミ付きカットソーセット×デニムSK×麦わら帽子

184%20089.jpg

2009年05月30日

函館ハリストス・元町教会

169%20290.jpg169%20288.jpg

169%20289.jpg169%20291.jpg

函館ハリストス・元町教会は、北海道函館市にあり、辺りの元町、末広町には、古い町並みや文化財が数多く残っており重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。
ハリストス正教会は、1916年に再建された復活聖堂が重文に指定されており、ロシアの影響を受けた、ビザンティン建築様式での煉瓦造一部3階建てで、白漆喰を塗った外壁や、石造りの基礎など見所でした。
カトリック元町教会は、1876年創建で、2度の焼失後、1924年に焼け残った煉瓦造りの外壁元に補修して再建された折、高さ33mの大鐘楼を増築したもので、六角屋根の上にある、大きな風見鶏が印象的で、中は見れませんでしたが充分雰囲気のある教会でした。
また付近には、1910年に清朝時代の伝統工法によって設計された、函館中華会館(登録有形文化財)や金森倉庫群などの、赤煉瓦の建物が数多くあり、長い年月風雪を耐えた、味のある外壁がとてもいい感じでした。

2009年05月31日

門司港駅

123456789%20054.jpg123456789%20055.jpg

169%20024.jpg169%20023.jpg

門司港駅は、福岡県北九州市門司区にあり、1891年に九州の鉄道(鹿児島本線)の起点として開設され、現在の駅舎は、1914年に建てられた2代目で、日本で唯一駅舎として、国の重要文化財に指定されています。
駅舎は、ドイツ人技師の監修によって、ネオ・ルネッサンス様式と呼ばれる左右対称の建築様式で建てられ、大きい門にも見える外観デザインが特徴的で、内部のペンキを塗った板張りの壁や扉、トイレの備品、消防車など、ノスタルジックな感じがとてもいい趣でした。
また、付近は門司レトロと呼ばれ、1917年建築の旧大阪商船(登録有形文化財)や、1921年建築の旧門司三井倶楽部(重文・移築)などがあり、こちらも、とても楽しめました。

渡辺 夏芽ちゃん

寝起きでショットご機嫌斜め出したが・・・

194%20009.jpg194%20010.jpg

夏芽ちゃんママが試着した時も大泣きでママが抱っこした時も
大泣き・・・

でも、、、だいちが来たらご機嫌に遊んでました。
やっぱり若くて異性のこの方がいいんだね☆☆

だいちに触って喜んでました。
だいちも怒らないで大人しく成すがままでした。
そんな成長しただいちもお兄ちゃんでした。

About 2009年05月

2009年05月にブログ「Charm Weblog」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2009年04月です。

次のアーカイブは2009年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36