« すずめが・・・ | メイン | 七夕の飾り付け »

兼六園

123456789%20181.jpg123456789%20182.jpg

211%20001.jpg211%20002.jpg

兼六園は、石川県金沢市にあり、1676年に五代加賀藩主前田綱紀が蓮池亭(れんちてい)を造営したのが始まりとされ、1837年十三代前田斉泰が父斉広が造った竹沢御殿を解体し、大きい池泉を作り霞が池と呼び蓬莱島を設け、池の周りに掘った土を盛り築山を造り現在見られる姿になりました。
また、岡山の後楽園・水戸の偕楽園と共に、日本三名園に数えられ、国の特別名勝に指定されています。
庭園は、築山・林泉・回遊式庭園で、兼六園という名称は、老中だった白川藩主、松平定信によって名付けられ、園内には、高低差のある翠滝や力強い根上がり松、曲水にかかる亀甲の形をした雁行橋など見応えがあり、特に兼六園のシンボルともいえる、徽軫灯籠越しの霞が池や榮螺山が印象的でいい景観でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/433

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年06月28日 11:48に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「すずめが・・・」です。

次の投稿は「七夕の飾り付け」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36