« 浜松城 | メイン | 西尾城 »

十五夜

昨日の十五夜さんだったので飾りました。

charm%20weblog%2055%20001.jpg

はて?!十五夜さんの意味はなんだろう?!調べてみました。

今でこそ一般的に行なわれているお月見ですが、もともとは中国の風習です。

中国では唐の時代から旧暦8月15日に月見の宴を開いていました。そしてこの風習が平安時代に日本へ伝わり、広く根づいていったのです。秋の収穫に対し神様に感謝しお捧げする行事です。


意外と知らない月うさぎ伝説。その内容に迫ってみましょう
月うさぎ伝説にも諸説ありますが、1番ポピュラーな要約バージョンをご紹介しましょう。

『昔、あるところにウサギとキツネとサルがおりました。ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会い、3匹は老人のために食べ物を集めます。サルは木の実を、キツネは魚をとってきましたが、ウサギは一生懸命頑張っても、何も持ってくることができませんでした。そこで悩んだウサギは、「私を食べてください」といって火の中にとびこみ、自分の身を老人に捧げたのです。実は、その老人とは、3匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)という神様。帝釈天は、そんなウサギを哀れみ、月の中に甦らせて、皆の手本にしたのです。』

これは、仏教説話からきているお話です。
また、このお話には続きがあり、『うさぎを憐れんだ老人が、その焼けた皮を剥いで月に映し、皮を剥がれたうさぎは生き返る』という説もあります。だから、月の白い部分ではなく、黒い部分がうさぎなんですね。

月で餅つきをしているのはどうしてでしょう?
では、なぜ餅をついているのでしょうか?

「うさぎが老人のために餅つきをしている」とか「うさぎが食べ物に困らないように」という説がありますが、中秋の名月が豊穣祝いであることを考えると、たくさんのお米がとれたことに感謝する意が込められているようです。お米が、お餅になったのではないかといわれています。

満月のように丸い十五個のお月見団子に、魔よけの力があるススキを伴うそうです。地方によっては
お供え物を子供達が盗んでもいいという風習もあるそうです。

********************************

我が家のお団子は、清水屋さんの早川製菓のお団子。

charm%20weblog%2055%20002.jpg

このお団子が超~~~~~~おいしいのっ★

charm%20weblog%2055%20003.jpgcharm%20weblog%2055%20004.jpg


だいち&そらも大好き!!
お米が美味しいからお餅も柔らかくて、あんこもちょうどいい甘さっ★
お月様が見えなかったのが、残念でした・・

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/630

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年10月04日 20:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「浜松城」です。

次の投稿は「西尾城」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36