« 織田かいと君&織田えいと君&だいち&そら | メイン | 三浦家&大島家&根津家 »

笠石大明神

charm%20weblog%2099%20007.jpgcharm%20weblog%2099%20013.jpg
charm%20weblog%2099%20010.jpgcharm%20weblog%2099%20011.jpg

笠石大明神は、山梨県山梨市牧丘町西保中にある上芦ノ沢集落の鎮守で民家の庭先を入った裏山にあり、室町時代末期の建立と伝わる本殿は県の文化財に指定されています。
祭神は、天照大神を祀り、覆屋の中に保護され建つ本殿は、一間社流造・檜皮葺で向拝の木鼻の形状や虹梁、破風、懸魚などの形式がなんとも室町様式でいい趣でした。
また、本殿裏手には、神社の名の由来と思われる巨石が点在しており、覆屋の脇にある石祠が並ぶ巨石は、まさに笠をかぶった形状のようになっていて見所でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/812

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2009年12月29日 20:13に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「織田かいと君&織田えいと君&だいち&そら」です。

次の投稿は「三浦家&大島家&根津家」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36