« DELHI BAY | メイン | 焼き菓子 日々 »

常泉寺の太子橋・腰掛石

charm%20weblog%20136%20012.jpgcharm%20weblog%20136%20014.jpg
charm%20weblog%20136%20025.jpgcharm%20weblog%20136%20026.jpg

常泉寺の太子橋・腰掛石は、山梨県甲州市塩山三日市場にある、真宗大谷派の寺院、松尾山常泉寺の山門そばに揃ってあり、旧秩父往還沿いの路地を入ったところにあります。
石は、聖徳太子が富士山を訪れる際に立ち寄り、愛馬の甲斐の黒駒と休息した折り腰掛けた石と伝わるもので、甲斐の黒駒伝説や聖徳太子の足跡を感じました。
また、旧秩父往還を下った山梨市七日市場の七日子神社ちかくには、県内一といわれる巨大な丸石道祖神があり、太陽や月、睾丸、繭玉、天候や家族の繁栄を思うかの様な丸石神に先人の想いを感じました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/977

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年03月04日 20:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「DELHI BAY」です。

次の投稿は「焼き菓子 日々」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36