« その後。。。 | メイン | ひで君・みさきちゃん »

福井城

charm%20blog%20179%20284.jpgcharm%20blog%20179%20269.jpg
charm%20blog%20179%20276.jpgcharm%20blog%20179%20311.jpg

福井城は、越前国(現福井県福井市)に、1600年、家康の次男結城秀康が越前68万石で入封し柴田勝家の築いた北庄城を大改修し、北陸諸大名による天下普請により6年の歳月をかけて3重の水堀で囲んだ輪郭式の縄張りに4層5階の天守を完成させました。
1604年、秀康は結城姓を松平に復し、越前松平家として一門で約100万石を領しました。
1659年・1669年と二度の大火で天守は焼失し、巽櫓、未申櫓などの三重櫓が以後天守代用とされ幕末まで減封されながらも福井松平家17代32万石の居城として機能しました。
現在城址は、大部分が福井県庁舎になっていますが、本丸の塀や石垣に内堀、福井地震により歪んだ天守台石垣、福の井(福井の語源になった井戸)、復元された舎人門があり、当時を忍ばせておりそれぞれ見所でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1156

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年05月22日 13:12に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「その後。。。」です。

次の投稿は「ひで君・みさきちゃん」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36