« はるま君・あゆむ君・りんと君 | メイン | 第5回田舎体験サークル part.2 »

合羽地蔵

charm%20blog%20183%20062.jpgcharm%20blog%20183%20066.jpg
charm%20blog%20183%20065.jpgcharm%20blog%20183%20071.jpg

合羽地蔵は、山梨県甲府市山宮町にある青松院の本堂前にあり、カッパを羽織っているように見えることから合羽地蔵と呼ばれています。
古くからの信仰により、自然石の上に顔の彫られらた石物が甲府盆地には点在しており、特に甲府の北部・山梨市の八幡・牧丘に多くあるのも特徴で・・・ちょっとした違いを見つけるのも楽しみの一つです。
また、青松院は、1522年に武田信章の開基によって創建された曹洞宗の古刹で、山号は光澤山、本尊は十一面観音菩薩を祀っており、甲斐国三十三観音霊場の結縁の礼所をつとめ・・古くは末寺25ヶ寺を支配したことでも知られ、境内の本堂・庫裏、山門・佛舎利殿や観賞庭園の眺めも良い景観でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1257

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2010年07月09日 20:02に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「はるま君・あゆむ君・りんと君」です。

次の投稿は「第5回田舎体験サークル part.2」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36