« 第88回かつぬま朝市 | メイン | 姥のトチ »

法久寺のカシワ

charm%20weblog%20580%20024.jpgcharm%20weblog%20580%20019.jpg
charm%20weblog%20580%20029.jpgcharm%20weblog%20580%20031.jpg

法久寺のカシワは山梨県甲斐市篠原にある法久寺の境内にあり、ブナ科の落葉高木で葉は柏餅の包む原材料として使用されています。
大きさは樹高8m、目通り2.34m、根廻り3.3m、枝張り、東6m、西4m、南5m、北3mあり市の天然記念物に指定されています。
柏は硬い材質の為・・土台や枕木船材にも使われ、実のどんぐりも下半分に椀形の殻斗がついていて特異な形がなんとも良い感じでした。
また、境内裏手に県指定のコツブガヤがあり、種子が極めて小さい事からそう呼ばれ、大きさは樹高17.5m、目通り1.65m、根廻り3.14m、枝張り、東西11m、南北7.8mありこちらも見所でした。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.y-charm.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1904

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2011年10月03日 19:42に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「第88回かつぬま朝市」です。

次の投稿は「姥のトチ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36