メイン

盆栽好きパパ アーカイブ

2008年10月07日

盆栽好き

10%20009.jpg10%20010.jpg

盆栽大好きパパ、今日は自宅の五葉松、黒松の、葉すかしをしました。
前年葉、今年葉、をまひ‘き、めもとに光と風が良くあたる様にします。まだ初めて5年目ですが、だんだん自分の好みの形になっていく変化を見るのがとても楽しいです。また、季節により花を咲かしたり、実を付けたり、紅葉したりと盆栽を見ていると観察力が高まり、日常生活でもいろいろな、こまかい変化にきずけるようになりました。
仕事に疲れた方、家事育児に疲れた方、是非、季節感や日常の変化を楽しみ緑を見る生活で癒しとゆとりをもってみるのもいいですよ~。

2008年10月23日

紅葉

今年も紅葉シーズンがやってきました。落葉樹の色とりどりの葉の風情がたまりません。
春から夏の終わりにかけて沢山の日光を浴びて成長し、新緑の癒しと、新鮮な空気を惜しげもなく私達に与えてくれます。秋になると色とりどり色ずき葉を落とし、また春、芽を出すための肥料になります。
葉は日光に当たらないと紅葉しないで落ちてしまいます。
冬になると葉が完全に無くなり、幹や枝わかれ、枝先が綺麗で力強く生命力を感じます。また、葉を落とした事で芽もとの風とうしと日当たりがよくなり、春に、より沢山の葉をつけます。
紅葉シーズンは、四季を身近に感じれるので紅葉狩りでもしてみてわいかがでしょうか~。

2008年11月16日

盆栽オークション

最近、盆栽のオークションに、はまっていて毎日チェックして入札するのですが、1回として買えたことがありません。本当に買えるのかも疑問に感じてきました。もう3ヶ月も買えません。
と、愚痴をこぼしている、今日この頃です。

2008年12月02日

盆栽展

819%20033.jpg819%20034.jpg

山梨県名品盆栽展を見に甲府市民会館に行って来ました。
それぞれの愛好家の作品を見ていると、小さな器の中に景色を切り取った、様々な木々の世界が表現され、長い年月、風雪に耐えた幹肌や、小さくまとめられた葉、細かく分かれた枝など、とても綺麗で癒されました。

2008年12月04日

盆栽オークションその後

819%20006.jpg819%20007.jpg
819%20008.jpg

ついに、ついにオークションで盆栽を落札しました。
本当に買えるんですね。落札して、こんなにも嬉しいとは、思いませんでした。
ちなみに落札したのは、寄せ植えの楓です。
紅葉は進み葉落ちしていますが、なかなか見ごたえがあります。
来年、葉をつけたら、また載せますので、乞う御期待!!

2009年02月08日

国営昭和記念公園盆栽園

107%20001.jpg107%20002.jpg
107%20003.jpg107%20014.jpg

国営昭和記念公園(盆栽園)は、東京都立川市・昭島市に跨ってある日本最大の国立公園でその中の日本庭園内の一角に盆栽園があります。
盆栽園は、全国で唯一の国営盆栽園で、全国の盆栽愛好家から寄贈された名木を中心に展示されています。
盆栽は、日本の伝統であり、日本人の美意識の高さが感じられ、四季を通じて楽しめます。
また、生き物の為、1度完成をしても成長するので人の手が加えられないと姿を維持できません。
その中で100年を越える樹齢の盆栽たちは、100年以上の間、愛好家達の思いを具現化してきたまさに生きる伝統・文化。歴史・を感じる遺産であり、何年もの風雪に耐えた幹肌をもつ名木を見ながら物思いに耽りました。(雑木が葉を付けたらまた行くぞ~。)

2009年02月10日

太鼓鉢ゲット!!

110%20001.jpg110%20003.jpg

110%20002.jpg110%20004.jpg

以前から棚場の五葉松の鉢を探していて遂にオークションで落札しました。
鉢は手造り先代「松泉」(常滑鉢作家、伝統工芸士、片岡松泉氏の作品)の内縁鋲付大帯太鼓丸鉢でかなり使い込まれていい味が付いていました。
あまりの嬉しさに2時間ほど眺めて五葉松との鉢合わせを検討しました。(植え替えが終わったらまた、掲載します、乞う御期待!!)

2009年02月11日

三渓園盆栽展

110%20019.jpg110%20018.jpg

神奈川県横浜市にある三渓園の盆栽展にいってきました。
作品は全体的に中・小品盆木が多く小さくまとめられた様子一つ一つに自然の景色の広がりを感じとてもいい趣でした。
盆栽を観賞する上での見るポイントは主に根張り(根が安定感があり力強さがあること)幹(立ち上がりが素直で上に行くほど細くなっていること)枝配り(幹の太さに対しての枝の太さ、間隔がバランスのよく配置されていること)の三要素といわれています。

2009年07月10日

107%20006.jpgcharm%20weblog%2048%20113.jpg

楓は、カエデ科に属する落葉樹で、主に葉が3っに分かれているものをカエデ、5っに分かれているものをもみじと分類されています。
樹形は、石つきや模様木、寄せ植えガ多く、観賞ポイントは、立ち上がりの根張り、紅葉時の葉、落ち葉後の細かい枝わかれ等で、1年中変化を楽しめます。
ちなみに、右側の写真は、盆栽オークションその後でゲットした、寄せ植えの楓です。
また、カエデの名称は、葉がカエルの手に似ていることが語源になったと言われています。

2009年07月11日

真柏

107%20009.jpg107%20007.jpg

222%20011.jpg222%20013.jpg

真柏は、ヒノキ科の常緑高木で1年中観賞でき、ミヤマビャクシンのことを盆栽では真柏と呼んでいます。
樹形も様々で文人木、懸崖、模様木などがよく見られ、糸魚川産の葉性の良いものが特に人気があります。
観賞ポイントは、うねりが付いた幹模様やジン・シャリと呼ばれる白く塗られた幹で、真柏にはよく見られ、古いものは、石化しており、いい時代間を醸しだしています。

2009年07月12日

蝦夷松

107%20005.jpg222%20009.jpg

蝦夷松は、マツ科の常緑高木で、その名のとうり北海道の以北の湿地帯によく見られます。
樹形は、立ち上がりに曲がりのある物が多く、枝が密集しているものや株立ちなども見られます。
夏の日差しには弱く、周年水を好みます。
見所は、新芽の時期の芽積み前の新芽や、細かくはぜた幹肌で、雄大な自然を感じられるいい樹種です。

2009年07月13日

222%20005.jpg222%20012.jpg

杉は、スギ科の常緑高木で北海道以外の全国各地に自生しており、真直ぐ伸びやすく寿命も長いことから、建築資材用に全国に植樹されています。
盆栽的には、やはり直幹仕立てが多く見られ、林や森に見立てた寄せ植えもオススメの樹形です。
また、持ち込むほどに幹肌が縦にはがれるのもポイントです。

2009年07月14日

ブナ

222%20003.jpg222%20006.jpg

ブナは、ブナ科の落葉高木で日本全国に見られ、盆栽では、太平洋側に多い、葉が小さく幹の白い物が好まれています。
樹形も、直幹、立ち木、斜幹、株立ち、寄せ植えなど様々で、冬は寒樹、春・夏は新緑、秋は紅葉が楽しめ、長く持ち込むほど幹肌が白くなり味わいが出るのもポイントです。

2009年07月15日

カリン

222%20004.jpg107%20008.jpg

カリンは、バラ科の落葉高木で、冬は寒樹、春は新緑に花、秋には実ガ楽しめるため、1年中観賞でき、主に模様木、斜幹、株立ちなどの樹形が人気ガあります。
盆栽でも庭木と同じように、大きい実を付ける所や幹太りガ早く、独特の幹肌、細かい枝打ちなど観賞箇所が多いのもオススメです。

2009年07月16日

五葉松

107%20010.jpg107%20011.jpg

五葉松は、マツ科の常緑高木で、一葉に短い葉が5本出る事から五葉松と呼ばれており、樹形も直幹、模様木、文人木、斜幹、懸崖、石付き、株立ち、寄せ植えなど様々な形が楽しめ、樹勢ガ強く育て易いことから盆栽の中でも1・2を争う人気樹種です。
私が最初に買った盆栽も五葉松で、特に四国産(石鎚山系と赤石山系)、福島産、那須産などが人気があります。
見所は、やはり短く詰まった葉と時代の乗った幹肌で、樹齢何百年もある木を見て、この木を何人の人達が手入れをしてきたかと思うと、奥深さを改めて感じました。

2009年07月17日

杜松

107%20016.jpg107%20012.jpg

杜松は、ヒノキ科の常緑高木・低木で、山岳や丘陵地の日当たりの良い場所によく見られ、海岸などにあるものは、低木のものが多いのも特徴です。
盆栽としては、丈夫で育てやすい為、ジン・シャリ作りに挑戦しやすく、樹形も直幹、模様木、立ち木、懸崖、石付き、寄せ植え、根連なりなど、様々な形に挑戦できるのもオススメです。
やはり、見所は鋭く細かい短い葉で、味わいのある幹肌に、細かい枝や葉が繁る姿が、自然界の風景を切り取っているようで、とても和めますよ。

2009年07月18日

黒松

222%20010.jpg222%20008.jpg

黒松は、マツ科の常緑高木で、盆栽の王様とも呼ばれ、愛知県産の三河黒松や茨城県産の鹿島黒松が特に人気があり、樹形は、直幹、模様木、斜幹、懸崖、石付き等が楽しめます。
見所は、なんと言っても、立ち上がりの幹肌の荒れた感じに、細かく詰まった葉が生い茂る模様で、その力強さに、元気をもらっています。

2009年07月19日

もみじ

222%20002.jpgcharm%20226.jpg

もみじは、カエデ科の落葉高木で、冬は寒樹、春は新緑、秋は紅葉が楽しめる為、1年中観賞でき、樹形は模様木、斜幹、株立ち、寄せ植え、石付き等が見られます。
盆栽では、日本海側に自生する山もみじが人気が高く、節間の詰まった細い小枝が多いものがオススメです。
見所は、やはり秋の紅葉で、その名のとうり、紅葉と書いてもみじと読むほど、秋を1番、感じることのできる樹種で、風情ある姿は、何度見ても飽きることがなく、とてもいいものです。

2009年07月21日

初めて買った盆栽、5年前・5年後

169%20235.jpgSN3E0166.jpg

左の写真は、初めて盆栽を買った、当時のもので、中品の五葉松と黒松をゲットして、始めました。
その後、黒松は、模様木から半懸崖に改作し、5年前よりも芽数が増えて、なかなかの樹勢になり、五葉松も雰囲気が増したように思えます。
何より変ったのは、自分の木を見る目で、自然と人間の作り出す、景観にいつも心を奪われています。

2009年10月13日

五葉松の古葉取り

091008_0003~0002.jpg091008_0056~0001.jpg

091008_0005~0001.jpg091008_0057~0002.jpg

今日は、最近黄色く目立ってきた五葉松の古葉取りをしました。
写真の樹種は、宮島(種類)の為、葉すかししなくても自然に古葉を落とすので、黄色くなった葉を触るだけで、ポロポロと取れます。
30分ほどでキレイに取れ作業終了!!風通しと採光がよくなり来年の成長が楽しみになりました。

2009年10月18日

第39回盆栽名品展

charm%20blog%E3%80%8062%20009.jpgcharm%20blog%E3%80%8062%20010.jpg

charm%20blog%E3%80%8062%20011.jpgcharm%20blog%E3%80%8062%20012.jpg

今日は、甲州市で毎年行われている、およっちょい祭りの会場の隣の塩山恩賜林記念会館で行われている、盆栽名品展にいってきました。
日本盆栽協会山梨支部の会員の皆様の丹精込めて造られた盆栽を眺めながら、移り行く季節を楽しみ自身の1年の成長と今後の課題!!美しい木々の凛とした姿を見ながら背筋が伸びる思いでした。
また、秋の実りを感じる、老爺柿・あけび・姫リンゴの実を付けた木々の豊穣感が良い感じでした。

2009年11月18日

菊花展・高遠閣

charm%20blog%2069%20014.jpgcharm%20blog%2069%20015.jpg
charm%20blog%2069%20007.jpgcharm%20blog%2069%20011.jpg

長野県伊那市の高遠城址で行われた秋祭り菊花展に行ってきました。
白に黄色、紫を中心に煌びやかに咲かせた菊盆栽が出品されており、ぼんぼりだけでなく、流木を使った時代感ある見事な物まであり、さぞ丹精込めて造った作品にしばし見とれました。
また城址には、町の発展に寄与するという目的で有志によって1936年に造られた高遠閣と呼ばれる入母屋造・鉄板葺きの巨大建造物があり、鋭角な角度の付いた朱色の屋根にこちらも綺麗に朱に色付いた葉が積もりなんとも良い趣でした。
高等城址は桜だけでなく、秋の紅葉もいいもんだぁ~と思った1日でした。

2009年11月19日

第42回山梨県名品盆栽展

charm%20weblog%2073%20011.jpgcharm%20weblog%2073%20010.jpg
charm%20weblog%2073%20014.jpgcharm%20weblog%2073%20017.jpg

甲府市民会館で行われていた第42回山梨県名品盆栽展に行ってきました。
今年も数々の名品が所狭しと飾られており、季節を感じる草花も合わせとてもいい作品展でした。
特に、実物がよく柿やカリン、みかんなどの実を付けた様子が良い感じで、細かく枝わかれした寒樹のイワシデ、年月の経った山野草も見応えがあり楽しめました。

2009年11月24日

老爺柿

charm%20weblog%2073%20007.jpgcharm%20weblog%2073%20021.jpg
charm%20weblog%2073%20019.jpg
老爺柿は、カキノキ科カキノキ属の耐寒性落葉低木で、5月に白黄色の花を咲かせ、11月に実を赤や橙色に染め、冬は寒樹となり1年中楽しめます。
幹はそれほど芸はありませんが、頭部を少し曲げると、実がついた時になかなか見応えがあっていい感じです。
また、東アジア地域の固有種と言われています。

2010年03月31日

鉢の植え替え

charm%20weblo%20152%20005.jpgcharm%20weblo%20152%20007.jpg
charm%20weblo%20152%20009.jpgcharm%20weblo%20152%20010.jpg

今日は五葉松2本、黒松、楓の鉢の植え替えをしました。
盆栽は、限られた器の中で成長するため、根が伸び、用土が硬くなるなど定期的に植え替えが必要なのです・・・。
先ずは、残土を落として根をほぐします、結構重くて大変!!
その後は、鉢底に防虫ネット(土の落下防止にもなる)をしき、銅線で樹木を固定、赤玉土×桐生砂の基本用土を隙間無くつめ、たっぷりの水をあげて完了!!

charm%20weblo%20152%20011.jpgcharm%20weblo%20152%20019.jpg
なかなか良い感じに仕上がりました!!
ちなみに今回植え替えた鉢は以前オークションでゲットした鉢で~~す。ピッタリですよね?
この調子であと何鉢か頑張るぞ~~。

2010年06月04日

五葉松に異変!!

charm%20blog%20188%20135.jpgcharm%20blog%20188%20136.jpg

今年の異常気象に我が家の五葉松にも異変が・・・
普段・・松ボックリは、付いても2・3個の木でしたが、今年は、枝棚一杯にビッシリ付けています!!
松も今年は乗り切れないと覚った為なのか・・・
天変地異の前触れか?
予言する・・・我が家の五葉松でした~~。

2010年10月15日

秋の訪れと前年葉取り

charm%20weblog%20345%20004.jpgcharm%20weblog%20344%20007.jpg
庭の盆栽たちが秋の彩になってきました~~。
今年は・・・例年以上に暑い日が続いた為・・葉枯れや・水枯れに悩まされましたが
何とか秋を迎えられました。
charm%20weblog%20344%20006.jpgcharm%20weblog%20345%20002.jpg
五葉松は自然と前年葉・前々年葉を自分で落とすので・・・
色の黄色くなった葉を取り除くだけでも、採光と風通しを良く出来ます。
沢山の古葉が取れました。

charm%20weblog%20345%20003.jpgcharm%20weblog%20345%20001.jpg
どうでしょう?スッキリしたでしょ!!
特に宮島五葉は、松ぼっくりを沢山付けていた事もあり・・・
今年の暑さを予知していたかのように、作を落としましたが・・・
これからの再度の造り直しがまた楽しみな秋の一日でした。

2010年10月25日

第40回盆栽名品展

charm%20weblog%20360%20016.jpgcharm%20weblog%20360%20018.jpg
塩山恩賜林記念館で行なわれていた、第40回盆栽名品展に行ってきました。
一年の実りを感じる秋、今年は長く暑かったため
若干紅葉までは至っておりませんでしたが、ザクロや真柏、五葉松に楓等・・仕上がっておりました。

charm%20weblog%20360%20019.jpgcharm%20weblog%20360%20021.jpg
日々の管理が生む芸術・・・風を呼ぶ株立ちの真柏いい感じです。
charm%20weblog%20360%20017.jpgcharm%20weblog%20360%20023.jpg

実物も秋を感じられる樹種・・色合いがなんともいえません!!
charm%20weblog%20360%20026.jpgcharm%20weblog%20360%20027.jpg
付け合せの山野草や五点飾りの小品!!とっても癒されました♪
一時的完成しか見ない盆栽!!毎日・毎年・・・
管理の下の芸術!!和の趣♪良いものです。

2010年11月18日

第32回杉並大宮菊花展

charm%20weblog%20395%20016.jpgcharm%20weblog%20395%20017.jpg

第32回杉並大宮菊花展に行ってきました。
一年ごとに枯れてしまう菊・・・
松柏盆栽とは違い何十年も何百年もと言う感じには行きませんが・・
毎年の作り込みで見事な花を咲かせる!!
良い品種でもあります♪
白にピンク、黄色に紫と・・・一時見せる11月の完成芸術・・
一年間の作り手の思いを感じる一時でした。

2011年02月28日

盆梅・山野草展

charm%20weblog%20472%20042.jpgcharm%20weblog%20472%20045.jpg
charm%20weblog%20472%20044.jpgcharm%20weblog%20472%20046.jpg

山梨市民会館で行なわれていた盆梅・山野草展に行ってきました。
もともと甲斐の地は梅の木のメッカであり・・
甲州野梅や小梅が県内いたるところで目にします!!
そんな梅を盆器に仕立てて
長年風雪に耐え続けたかのごとくにみせる職人技!!
花弁の濃淡に立ち上がりの古木感♪
なんとも良い感じでした。
また、牧丘地区に良く見られる黄色のフクジュソウも見ごろを迎えており
ますます春の訪れを感じる一日でした。

2011年10月23日

第41回盆栽名品展

DSC_033charm6.jpgDSC_0333charm.jpg
DSC_0335.jpgDSC_0337.jpg

社団法人日本盆栽協会山梨支部主催第41回盆栽名品展に行ってきました!!
毎年およっちょい祭りと共に楽しみにしている盆栽展♪
今年も会員さん自慢の名木が飾られていました。
DSC_0charm339.jpgDSC_03charm40.jpg
DSC_03charm42.jpgDSC_03charm44.jpg

五葉松・真柏・黒松を中心に杉の寄せ植え・実のついた老爺柿
色つきはじめるもみじにいわしでと心ゆくまで見物してきました。
盆上の究極芸術・・・盆栽!!
皆さんも始めてみてはいかがですか~~♪

About 盆栽好きパパ

ブログ「Charm Weblog」のカテゴリ「盆栽好きパパ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは畑結・いつもの会です。

次のカテゴリは神社好きパパです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36