メイン

寺大好きパパ アーカイブ

2008年10月18日

増上寺

12%20003.jpg12%20002.jpg
増上寺は東京都港区にあり浄土宗鎮西派の大本山で徳川家の菩提寺。
山号は三緑山で慶長三年麹町から現在の場所に移築されました。
参解脱門は国の重要文化財で圧倒的な大きさで迫力満点でした。
本堂越しに東京タワーが見えて今昔が垣間見れました。
また、徳川将軍15人中6人(秀忠・家宣・家継・家重・家慶・家茂)の霊廟があり、皇女和宮もここに眠っています。

2008年11月12日

柴又帝釈天

30%20004.jpg30%20003.jpg

東京都葛飾区柴又にある帝釈天に行って来ました。
帝釈天は、日蓮宗の寺院の通称で正式には、経栄山題経寺と言うそうです。
京成電鉄柴又駅前から参道がが延びていて、両側には、名物の草団子、塩せんべい、鰻料理店、男はつらいよの寅さんグッツ店が建ち並び、沢山の観光客でにぎわっていました。
その突き当たりに、ニ天門が建ち、正面に帝釈堂、右に祖師堂、その右手前に釈迦堂がありました。
帝釈堂の前には、瑞龍松と名の付いた、一の枝を凄く長く伸ばした黒松の古木があり、とても印象的でした。

2009年01月02日

浅草寺

charm%20weblog%20138%20017.jpgcharm%20weblog%20138%20022.jpg
charm%20weblog%20138%20026.jpgcharm%20weblog%20138%20025.jpg

浅草寺は、東京都台東区にあり、聖観音宗の総本山で、山号は金龍山といいます。
本尊は観世音菩薩で観音様と親しまれています。
本堂の東には、重文の二天門が建ち五重塔越しの景色が壮大でした。
また、浅草と言えば「雷門」、昭和35年に再建され、切妻造の八脚門で向って右に風神様、左に雷神様があり、正式名称は風雷神門といいます。
雷門から本堂に続く仲見世は、朱色に統一された店が建ち並び、昔懐かしいグッツや外国人向けのお土産、名物のお菓子屋など沢山の人で賑わっていました。

2009年01月03日

川崎大師

123456789%20208.jpg123456789%20209.jpg

川崎大師は神奈川県川崎市にあり、正しくは「平間寺」といいます。
真言宗智山派の大本山で山号は金剛山、本尊は、厄除け弘法大師像で大本堂に安置されています。
大山門から大本堂は、沢山の人で賑わっていました。
また、中興塔と呼ばれる八角五重塔がありとても優美でした。

2009年01月14日

山寺(立石寺)

123456789%20048.jpg123456789%20049.jpg

山寺(立石寺)は、山形県山形市にあり、山号は宝珠山、天台宗の寺院で御本尊は薬師如来、古くから悪縁切りの寺として信仰を集めました。
大仏殿のある奥の院までは1015段の石段があり、根本中堂・三重小塔が重文に指定され、寺全体も国の史跡・名勝になっています。
また、松尾芭蕉の奥の細道で有名な「閑さや巖にしみ入る蝉の声」の句が読まれた所でもあります。
大雪が降っていて奥の院まで登れませんでしたが、雪化粧の寺院がとてもいい趣でした。

2009年01月16日

喜多院

123456789%20024.jpg123456789%20025.jpg

喜多院は、埼玉県川越市にあり、別名、川越大師で知られる天台宗の寺院で、山号は星野山、
阿弥陀如来を本尊としています。
客殿・書院・庫裏は、1638年の大火で山門以外の伽藍を消失後、三代将軍家光の命で江戸城御殿の一部を移築したもので、「家光誕生の間」「春日局化粧の間」も残されています。
また、慈眼堂・鐘楼門・山門・仙波東照宮とともに重文に指定されています。
印象的だったのが、境内の五百羅漢像で、似ている人を見つけながら、よく作ったな~と、とても感心しました。

2009年01月18日

佐野厄除け大師

123456789%20171.jpg123456789%20172.jpg

佐野厄除け大師は、栃木県佐野市にあり、正式には、惣宗寺といいます。天台宗の寺院で山号は、春日岡山、本尊は、如意輪観音を祀っています。
また、青柳大師・川越大師と共に関東三大師に数えられ、天台宗の名僧、慈恵大師(元三大師)を祀り全国から厄除け祈願で信仰を集めています。
付近には、名物のラーメン屋が軒を連ねていて、食べ歩きに最適でした。

2009年01月19日

永平寺

123456789%20189.jpg123456789%20190.jpg

永平寺は、福井県永平寺町にあり、山号は吉祥山、曹洞宗の大本山で、1244年に宗祖、道元によって創建・開山されました。
山域には、修行の中心である「七堂伽藍」を中心に70棟あまりの建物があり、隅から角まで綺麗に掃除されていて、とても驚きでした。
印象的だったのが、杉の巨木に囲まれた勅使門(優美な唐破風の門)で、辺りの小川のせせらぎと苔むした石畳など何年もの歳月同じ景色があるのかと思いながら物思いに耽りました。


2009年01月20日

善光寺

charm%20blog%20177%20005.jpgcharm%20blog%20177%20013.jpg
charm%20blog%20177%20018.jpgcharm%20blog%20177%20024.jpg


善光寺は、長野県長野市にあり、無宗派ですが天台宗と浄土宗の別格本山になっています。山号は定額山で本尊は善光寺阿弥陀三尊像(完全秘仏)です。
1707年に再建された本堂は国宝に指定されており、山門と経蔵は重文に指定されれています。
見所はやはり本堂で建物の大きさに圧倒され裏手にある石仏群も見所でした。
また、7年に一度、秘仏の御本尊と同姿の身代わりとして前立本尊の御開帳を行っていて沢山の信者で賑わいます。

2009年02月13日

寛永寺

110%20011.jpg110%20012.jpg

110%20013.jpg110%20014.jpg

寛永寺は東京都台東区にあり、山号は東叡山、天台宗の関東総本山で徳川家光・天海によって1625年に創建され、増上寺と共に徳川将軍家の菩提寺でもあります。
本堂(根本中堂)は、1879年に川越喜多院の本地堂を移築したもので本尊の秘仏薬師三尊像が安置されています。
近くの輪王寺には旧本坊表門(黒い堅固な門)・上野公園内には清水観音堂(朱色の優美な崖造り)(共に重文)があり楽しめました。
また、徳川将軍15人中6人(家綱・綱吉・吉宗・家治・家斉・家定)の霊廟があり厳有院(家綱)・常憲院(綱吉)の霊廟勅額門(共に重文)が現存しており、豪華絢爛な装飾でとても優美でした。
天彰院篤姫もここに眠っています。

2009年03月21日

高幡不動尊

116%20034.jpg116%20035.jpg

高幡不動尊は、東京都日野市にあり、真言宗智山派の別格本山で山号は高幡山、正式な寺号は、明王院金剛寺といいます。
創建は、平安時代初期とされ、不動明王を本尊として祀り、関東三大不動にも数えられ、1342年建立の不動堂や仁王門などが国の重文に指定されています。
また、新撰組の副長、土方歳三の菩提寺としても知られています。
山域には、山内八十八ヶ所めぐりがあり、四国八十八ヶ所霊場の写しとされ、皆でめぐり楽しめました。

2009年06月05日

大幢寺

171%20004.jpg171%20005.jpg

大幢寺は、岐阜県高山市一之宮町にあり、1539年に開山された曹洞宗のお寺で、山号は神護山と言い、御本尊は、十一面観世音菩薩を祀っています。
また、飛騨三十三観音霊場に入っており、境内の臥龍桜(国天然)、鐘楼など見どころでした。

2009年06月06日

瑞龍寺

172%20034.jpg172%20050.jpg

172%20045.jpg172%20036.jpg

瑞龍寺は、富山県高岡市にあり、加賀3代藩主、前田利常の開基によって、2代利長公の菩提寺として、20年の歳月をかけて、1663年に創建された、曹洞宗の寺院で、山号は高岡山、釈迦如来を本尊として祀っています。
現在、仏殿(1659年建立・入母屋造・鉛瓦葺き)、法堂(1655年建立・入母屋造・銅版葺き)、山門(1818年から3年かけて造られた、入母造・杮葺きの二重門)の3棟が国宝に指定されており、禅宗建築の代表作として、伽藍が一直線に建ち並ぶ姿は実に堂々としており、山門の金剛力士増など迫力満点で、伽藍の茶色・敷かれた小石の白・植物の緑・空の青と合わさって、とてもいい景観でした。
また、総門・禅堂・回廊・大庫裏などの重文や前田利家・利長、織田信長・信忠の石廟(県文)があり、こちらも趣があり、見所でした。

2009年06月10日

青岸渡寺

123456789%20125.jpg123456789%20126.jpg

青岸渡寺は、和歌山県那智勝浦町にあり、仁徳天皇の時代に裸形上人の開基によって創建された古刹で、山号は那智山、天台宗の寺院で西国三十三箇所第一番札所として知られており、本尊は如意輪観世音菩を祀っています。
本堂は、1590年に豊臣秀長により再建されたものと伝わり、入母屋造、杮葺きの趣のある桃山様式の建築で見応えがあり、北隅にある苔むした宝篋印塔と共に重文に指定されています。
そしてなんと言っても、高台からの朱塗りの三重塔と那智の滝の景観が素晴らしく印象的でした。

2009年06月12日

金剛峯寺

123456789%20105.jpg123456789%20106.jpg

123456789%20108.jpg123456789%20109.jpg

金剛峯寺は、和歌山県高野町にあり、816年に弘法大師空海の開基によって創建された高野山真言宗の総本山で、山号は高野山、本尊は阿閦如来を祀っています。
見所は、壇上伽藍と呼ばれる真言密教の道場の立ち並ぶ1画で、金堂(入母屋造)、根本大塔(多宝塔)、西塔(1834年再建)、御影堂などがあり、1198年建立の不動堂は、国宝に指定されており、桧皮葺の仏堂がとてもいい趣でした。
また、金剛峯寺には、大規模な枯山水の石庭があり、お茶を飲みながら眺めることができ、建物の直線と曲線、襖絵、欄間など和の空間にとてもいい一時でした。

2009年06月13日

羅漢寺

169%20027.jpg169%20028.jpg
203%20103.jpg203%20104.jpg

羅漢寺は、大分県中津市にあり、645年インド僧法道仙人によって開山された古刹で、全国にある羅漢寺の総本山で、山号は耆闍崛山、現在は曹洞宗の寺院で、3700体の石仏がある事で知られています。
見所は、羅漢山の中腹にある岩壁に建つ、足利義満により建立されたと伝わる山門や、本堂、無数の洞窟内にある石仏で、中でも無漏洞(むろどう)の五百羅漢が見応えがあり、自分や知人に似た石仏を探しながら楽しめました。

2009年06月14日

崇福寺

123456789%20151.jpg204.jpg

崇福寺は、長崎県長崎市にあり、1629年に創建された中国様式の唐寺で、山号は聖寿山、本尊は釈迦如来、黄檗宗の寺院で、本殿(大雄宝殿) 、第一峰門が国宝に指定されています。
また、三門 、鐘鼓楼 、護法堂、媽姐門 も重要文化財 に指定されています。
見所は、中国の城郭を連想させるような三門、鬼瓦やコウモリ模様の入った本殿、軒下の複雑な構造が優美な第一峰門などで、朱塗りの伽藍がとても印象的でした。

2009年06月15日

長崎孔子廟

169%20094.jpg169%20095.jpg

長崎孔子廟は、長崎県長崎市にあり、異国情緒漂う東山手に、1893年清国政府と在日華僑によって建立された唐寺様式の木造神殿で、孔子が祀られています。
見所は、儀門(ぎもん)と呼ばれる山門や大成殿(本殿)の中国建築、孔子の弟子と伝わる72人の賢人の石像などで、今にも動き出しそうな形相が見応えがありました。
また、建材は全て中国から調達した物と言われており、中国式の長い線香に火をつけながら、祖国を思い出したのかなあ~と物思いに耽りました。

2009年06月17日

根来寺

123456789%20112.jpg
123456789%20114.jpg123456789%20113.jpg

根来寺は、和歌山県岩出市にあり、1130年に覚鑁(かくばん)の開基によって創建された寺院で、山号を一乗山、新義真言宗の総本山で本尊は大日如来を祀っています。
伽藍は、国宝に指定されている大塔(高さ40m幅15mの日本最大の多宝塔)、重文の大師堂(1391年建立)、少し離れたところにある、大門(1850年建立の山門)などが見所で、飾らない時の経過した建築材の風情が重厚でかなりいい感じでした。
また、国の名称に指定されている、石と植栽の枯山水庭、傾斜地形と滝を配した池泉式蓬莱庭園があり、お茶を飲みながらとても和めました。

2009年09月07日

豊川稲荷

charm%20blog37%20148.jpgcharm%20blog37%20155.jpg

charm%20blog37%20143.jpgcharm%20blog37%20146.jpg

豊川稲荷は、愛知県豊川市にあり、1441年に東海義易禅師(とうかいぎえきぜんじ)の開基によって創建され、正式には、円福山豊川閣妙厳寺と言い、神社ではなく曹洞宗の寺院で、本尊は寒巖義尹禅師(かんがんぎいんぜんじ)伝来の千手観音菩薩、鎮守として豊川荼枳尼真天(とよかわだきにしんてん)を祀っています。
見所は、1813年建立の法堂、堂々とした本殿、杮葺きの総門に今川義元公寄進の山門、最祥殿と名のついた巨大な書院、名勝庭園などで特に本殿は、高さもあり立派で重厚な色艶、朱の堤燈がなんとも良い感じでした。
また、商売繁盛の神様として沢山の人々の信仰を集めています。

2009年09月12日

深川不動堂

charm%20weblog%2043%20002.jpgcharm%20weblog%2043%20004.jpg

深川不動堂は、東京都江東区にあり、1703年大本山成田山新勝寺の東京別院として創建された、真言宗智山派の寺院で、山号は成田山、本尊は大日大聖不動明王(秘仏)を祀っています。
また、本堂は2度焼失した後、現在は千葉県の竜腹寺の建物を移築して本堂としたもので、付近の地名「門前仲町」の名前のとおり、昔は門前町として賑わっていたのかなぁ~~と思いながら、昨今を思う1日でした。

2009年09月15日

大樹寺

charm%20blog37%20214.jpgcharm%20blog37%20211.jpg

charm%20blog37%20210.jpgcharm%20blog37%20213.jpg

大樹寺は、愛知県岡崎市にあり、1475年に松平氏4代親忠の開基によって創建された浄土宗の寺院で、山号は成道山、松平氏(徳川将軍家)の菩提寺で本尊は一光千体阿弥陀如来・如意輪観世音菩薩を祀っています。
伽藍は、1535年に7代清康が建立した重文の多宝塔、1641年に3代将軍家光が建立した鐘楼など趣きある建築が残されており、1617年に2代将軍秀忠が修復再建したと伝わる松平家8代の墓が本堂裏手にあり、静けさの中凄い雰囲気でした。
また、家康の本陣に掲げられた、「厭離穢土,欣求浄土」(えんりえど,ごんぐじょうど)と言う座右の銘は、桶狭間の敗走の折に先祖の前で切腹しようとした家康を当時の住職が諌め、乱世を浄土に変えることを諭し、家康が生涯の戒めとしたと、言い伝えられています。

2010年02月27日

泉岳寺

charm%20weblog%20120%20049.jpgcharm%20weblog%20120%20046.jpg
charm%20weblog%20120%20052.jpgcharm%20weblog%20120%20055.jpg
泉岳寺は、東京都港区高輪にあり、もともと1612年に徳川家康と今川義元の孫といわれる門庵宗関(もんなんそうかん)の開基によって創建された曹洞宗の寺院で、1641年の寛永の大火によって焼失後、三大将軍徳川家光の名で毛利・浅野・朽木・丹羽・水谷の五大名家によって高輪に移転し、現在に至るもので、山号は萬松山、本尊は釈迦如来を祀っており、青松寺・総泉寺とともに江戸三箇寺に数えられています。
また、忠臣蔵で有名な浅野内匠頭と赤穂浪士(大石内蔵助良雄以下47人の武士)の墓があることでも知られています。
見所は、やはり区の有形文化財に指定されている、山門、中門、墓所門の黒く重厚な建築と浪士たちの墓で、主君を思う真直ぐな心に、日本人の美意識の高さを感じました。

2010年02月28日

豪徳寺

charm%20weblog%20120%20080.jpgcharm%20weblog%20120%20083.jpg
charm%20weblog%20120%20093.jpgcharm%20weblog%20120%20101.jpg

豪徳寺は、東京都世田谷区豪徳寺にあり、1480年に世田谷城主吉良政忠が伯母の菩提を弔う為に建立した弘徳院(臨済宗)を前身とし、1584年に高輪の泉岳寺開山にあわせ曹洞宗に改宗しました。
1633年に世田谷領主、彦根藩主井伊直孝が井伊氏の菩提寺として伽藍を創建・整備し、寺号は直孝の戒名から豪徳寺(山号は大渓山・本尊は釈迦如来)と改称され現在に至っています。
伽藍は、区の有形文化財に指定されている、仏殿や鐘楼をはじめ総門、本殿、三重塔、招猫殿など多数あり、国史跡の井伊家代々の殿様の廟(2代直孝(なおたか)6代直恒(なおつね)9代直禔(なおよし)10代直幸(なおひで)13代直弼(なおすけ)14代直憲(なおのり))があり、赤備えや幕末の大老井伊直弼など多くの老中・大老職を務めた譜代筆頭の井伊家を偲びながら良い散策でした。
また、招き猫発祥の地とされ、招猫観音を祀った招猫殿脇には、沢山の招き猫が奉納されており、三重塔の彫刻にも猫が彫られており、こちらも見所でした。

2010年06月09日

西新井大師

charm%20weblo%20153%20055.jpgcharm%20weblo%20153%20056.jpg
charm%20weblo%20153%20060.jpgcharm%20weblo%20153%20066.jpg

西新井大師(遍照院總持寺)は、東京都足立区西新井にあり、826年に弘法大師空海によって創建された真言宗豊山派の寺院で、山号は五智山、関東三大師に数えられ本尊は十一面観世音菩薩を祀っています。
本堂は、1966年に火災で焼失後1971年に再建されたもので、江戸後期建立の山門、西新井の名の語源となった加持水、六角観音堂、不動堂、池泉廻りの奥の院、弁天堂、権現堂など数多くの伽藍があり、建築様式の違いをみつつ良い散策でした。

2010年06月11日

池上本門寺

charm%20blog%20188%20052.jpgcharm%20blog%20188%20043.jpg
charm%20blog%20188%20021.jpgcharm%20blog%20188%20040.jpg

池上本門寺は、東京都大田区池上にあり、1282年に日蓮聖人入滅の霊場として池上宗仲の開基によって創建された日蓮宗の七大本山の一つで、山号を長栄山、院号は大国院、本尊は釈迦如来を祀っています。
伽藍は、戦災を免れた1608年建立の五重塔(重文・高さ29m)、本阿弥光悦筆の扁額の架かる総門(1688~1704年建立)、方三間宝形造の経蔵(区文・1784建立)、多宝塔(都有形・1828年建立)、などの木造物、加藤清正寄進の此経難持坂(法華経見宝塔品の偈文96文字にちなむ96段の石段)、日樹聖人や前田利家室・加藤清正室の層塔の石造物がそこかしこにありそれぞれ見所でした。

2010年07月21日

總持寺

charm%20blog%20188%20098.jpgcharm%20blog%20188%20085.jpg
charm%20blog%20188%20064.jpgcharm%20blog%20188%20075.jpg

總持寺は、神奈川県横浜市鶴見区にあり、奈良時代に行基によって創建された諸嶽寺(石川県輪島市)を曹洞宗4世の瑩山禅師が總持寺と改名し、1898年の大火後、1907年~1911年に現在地に移転したもので、福井県の永平寺と並び曹洞宗大本山の寺院で山号は諸嶽山、本尊は釈迦如来を祀っています。
見所は、近年登録有形文化財に指定さた、仏殿・三松関(総門) ・向唐門 ・香積台 ・大僧堂 などの16棟の建築群にゴミ一つ無い掃除の行届いた境内で、人の心を映すような変化の見える空間がなんとも良い趣でした。
毎日の整理整頓から日々が始まるんですねぇ~~。

2010年07月22日

安国寺

charm%20blog%20179%20032.jpgcharm%20blog%20179%20027.jpg

安国寺は、岐阜県高山市にあり、1347年に瑞厳和尚の開基によって創建された臨済宗妙心寺派の寺院で山号は太平山、本尊は釈迦如来を祀っています。
1408年建立の経蔵は国宝に指定されており、入母屋造・杮葺きの外観に、内部には日本最古の回転式輪蔵があるとされ・・・今回は内部は見れませんでしたが、裳階付き身舎の禅宗建築がなんとも良い趣でした。

2010年09月02日

新勝寺

charm%20weblog%20223%20016.jpgcharm%20weblog%20223%20019.jpg
charm%20weblog%20223%20013.jpgcharm%20weblog%20223%20006.jpg

新勝寺は、千葉県成田市にあり、940年に寛朝大僧正によって開山された真言宗智山派の大本山で 山号は成田山、本尊は大聖不動明王 を祀っています。
境内には、五棟の重文建造物があり・・・仁王門(1830年建立・八脚門)・三重塔(1712年建立・高さ25m)・釈迦堂(1858年建立・仏堂)・額堂(1861年建立・入母屋造)・光明堂(1701年建立)と、それぞれ納得の建築様式で・・・創建時の平将門の乱を鎮めるべくある歴史と現代の民衆の信仰を偲ばせていました。
また、近年出来た総欅造りの山門や高さ58.1mの多宝塔形式の大塔も見所で、錆びた景観との対比がなんとも良い感じでした。

2010年12月01日

深大寺

charm%20weblog%20395%20031.jpgcharm%20weblog%20395%20032.jpg

深大寺は、東京都調布市にあり、733年に満功上人によって法相宗の寺院として開山され、850年前後に叡山より東国に派遣された恵亮和尚によって天台宗に改宗されたもので、山号は浮岳山、本尊は妙観察智阿弥陀如来を祀っています。
伽藍は山門はじめ本堂、元三大師堂、開山堂とあり、門前町には名物の蕎麦屋が立ち並び・・・隣接するかつての寺領である植物園の広大さからも古刹の賑わいを感じずにはいられないそんな一時でした。
ps.植物園の緑に対比して本堂周りの鞍馬石・・・茶褐色の色合いもなんとも印象的でした。

2011年01月06日

高尾山薬王院

charm%20weblog%20440%20026.jpgcharm%20weblog%20440%20032.jpg

高尾山薬王院は、東京都八王子市にあり、744年に聖武天皇の勅願により行基により開山されたと伝わり、1375年に京都醍醐山より俊源大徳が入山し飯綱権現を奉じ中興し、真言宗智山派の関東三大本山として知られています。
正式名称は高尾山薬王院有喜寺といい、薬王院の語源にもなった開山本尊の薬師如来、飯綱信仰の中興本尊である飯綱権現を祀り、神仏習合の歴史を感じる伽藍建築群がなんとも良い趣でした。
飯綱信仰や天狗信仰・・・山伏達の修験道の名残を残す山道、長く生き続ける杉の巨木にエネルギーを感じる!!よい空間でした。

2011年01月26日

長安寺

charm%20weblo%20154%20086.jpgcharm%20weblo%20154%20083.jpg

長安寺は、山梨県都留市上谷にあり、1585年に鳥居元忠の開基によって建立された浄土宗の寺院で、山号は禅定山、本尊は阿弥陀如来を祀っています。
本堂は1725年の再建で県の文化財に指定されており、小屋組みや欄間の彫刻がなんとも優美で印象的でした。
また、もともと小山田氏の別荘地であった歴史や、武田信玄を守り本尊とした観世音菩薩もあり、国中や郡内地方の歴史を感じる一日でした。

2011年04月30日

正永寺

charm%20weblog%20509%20058.jpgcharm%20weblog%20509%20059.jpg

正永寺は、長野県飯田市にあり、1408年に飯田城主・坂西由政が、正永寺殿賢峰道因大居士と号して入道し開基した寺で、山号は円悟山、曹洞宗の寺院で、1594年に現在地に移され、その際に植樹された桜がある事でも知られています。
桜は、シダレザクラで樹齢約400年、大きさは樹高7m、目通り3.4mと立派のもので、二重屋根の仏殿が借景となりとてもよい景観をつくりだしていました。
飯田は良質な枝垂桜に寺院が点在しており、古からの人々の暮らしや文化を偲ばせておりとても良い散策になりました。

2011年06月27日

元善光寺

charm%20weblog%20509%20113.jpgcharm%20weblog%20509%20116.jpg

元善光寺は、長野県飯田市にあり、推古天皇の御代に本多善光の開基で創建され、一光三尊の御本尊様を祀り座光寺と呼ばれていましたが、勅命により御本尊様は長野へ遷座され、善光寺と号したことから、元善光寺と呼ばれるようになったといわれています。
山号は定額山・天台宗の寺院で現本尊は、遷宮した折に彫られた善光寺如来を祀っています。
山門・鐘楼に本堂社務所と立ち並び桜や皐月などの花木が彩りを添え、参拝する私達を楽しませてくれます。
また、「毎月半ば十五日間は必ずこの故里に帰りきて衆生を化益せん」というお告げが残されており、善光寺と元善光寺と両方にお詣りしなければ片詣りといわれています。

2011年06月28日

阿弥陀寺

charm%20weblog%20509%20120.jpgcharm%20weblog%20509%20128.jpg

阿弥陀寺は、長野県飯田市にあり、創建年はわかりませんが、浄土宗の寺院で山号は佛性山、本尊は阿弥陀如来を祀っています。
境内には市の文化財にも指定されている、千体仏観音堂と仁王門があり、観音堂は飯田城主脇坂安政が1672年に父安元の菩提を弔う為に建てたといわれ、宝形造瓦葺の向拝付の小堂が江戸初期の遺構をを今に伝えており、建立記念に植樹されたシダレザクラとともに脇坂氏藩政時代を偲ばせていました。

About 寺大好きパパ

ブログ「Charm Weblog」のカテゴリ「寺大好きパパ」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは子供の話です。

次のカテゴリは小学校の出来事です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.36